飛騨牛のルーツと天狗総本店

今日でこそ、飛騨牛といえばブランド牛として全国的に非常に高い評価を頂いていますが、 ここに至るまでには長い歳月と飛騨の畜産に携わる人々の大変な努力がありました。

飛騨地方で子牛の生産が行われるようになったのは、 明治時代初期に佐渡牛や能登牛が入ってきた中に雌牛が混じっていたことに始まります。

育てる人たちの優しい心がなければ、本物と誇れる牛にはならない

当時、家畜商をしていた当家初代の山口培次郎は、昭和二年に精肉の小売店を開店し、昭和十一年に建設した、アールデコを連想させるギリシャ様式の現店舗において、販売と改良との両方に精力を傾けていました。

その後、明治末期から大正時代にかけ長年にわたって生産頭数を増やしていましたが、本格的に取り組み始めたのは、岐阜県が体格は小柄ながらも肉質の優れていた兵庫県の牛で改良を進める方針を決定した、昭和初期の事でした。

多くの人々が一生懸命に肉質向上に取り組む中――

昭和十三年当家二代目の山口八蔵は、兵庫県但馬から基礎雌牛を導入して改良を重ねていました。その産仔が当時の品評会で優秀賞一席と二席という素晴らしい栄誉を獲得したのです。

この飛騨産純但馬牛の品位、資質の素晴らしかったことから、但馬の牛は少しづつではありましたが飛騨全域に導入されるようになりました。そうして、飼育頭数も次第に増加し、肉質も向上して現在の飛騨牛の源となったのです。

どんなに優れた資源を持った牛であっても

その地方の風土、気候が良くなければ素晴らしい牛にはなりません。また、どんなに良い環境であっても育てる人たちの優しい心がなければ、本物と誇れる牛にはなりません。

私たちが、生まれて育てていただいた飛騨高山と、飛騨人の温かい心、その愛情をいっぱいに受け、恵まれた自然との中で大切に育てられる飛騨牛、その全てが天狗総本店の誇りなのです。

本物にこだわり続ける想い、それは創業以来半世紀以上もの間、変わることなく受け継がれています。